PPC広告マーケティング > PPC代行 > リスティング広告(PPC広告)の考え方

リスティング広告(PPC広告)の考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - リスティング広告(PPC広告)の考え方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

最近、リスティング広告を初めてやるお客様が多くいらっしゃるのですが、

リスティング広告=広告(当たり前ですが)なので、クリエイティブは抽象的な(TVや雑誌広告に載っているようなキャッチーなもの)が

良いのでは、と考えているかともいらっしゃるようです。

 

もちろん、利用目的が1ヶ月のキャンペーンでとにかくサイトにユーザーを誘導したいや、

TVと連動してしているキャンペーンで、あえてその様な広告文にする事も御座います。

 

ただ、通常のリスティング広告の出稿目的は「顧客の獲得」になると思いますので、

上記の様な広告文の設定をしてしまいますと、潜在顧客にばかりアピールして

無駄なクリックが増え、獲得コストが上がってしまう恐れが御座います。

 

検索ユーザーはそのキーワードを検索する際に目的を持って検索をする「顕在化顧客」なので、

広告文でテストクロージングをかけるイメージで広告文を作成し、

いざサイトに誘導したらその答えをサイト内に記載しておく事で

ユーザーが納得して購買に繋がる可能性が高くなります。

 

リスティング広告=営業マンといったようなイメージが合ってるかもしれませんね。

 

No tags for this post.

Popular Posts


タグ


スポンサード リンク


ページの先頭へ