PPC広告マーケティング > PPC代行 > AdWords Editor機能その2

AdWords Editor機能その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - AdWords Editor機能その2
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

:複数のキャンペーンに一括で除外キーワードの登録

 

例:100キャンペーンに同じ除外キーワードを登録する場合

AdWords Editor内の『データ』メニューの『キーワード』の『複数のキャンペーン除外キーワードを追加』をクリックします。

複数のキャンペーン除外キーワードの削除という画面が開くので、その中の全てのキャンペーンにチェックを入れます。

その状態で右側の窓の中に『サンプルのキャンペーン除外キーワード』と『マッチタイプ』をタブ切りで入力いたします。

(エクセルのA列にキーワードB列にマッチタイプを入れていると楽です。)

その後プレビューを見て問題なければ処理して完了です。

 

例:100キャンペーンに違う除外キーワードを登録する場合

途中までは同じなので割愛いたします。

複数のキャンペーン除外キーワードの削除という画面を開きます。

その画面の中の『次のキャンペーン除外キーワード情報にキャンペーン名の列を含める』に

チェックを入れます。

そうすると『キャンペーン名』と『サンプルのキャンペーン除外キーワード』、『マッチタイプ』をタブ切りで

入力いたし、プレビュー・処理で終了です。際ほどのようにエクセルを使うと簡単です。

 

このように簡単に沢山のキャンペーンに沢山の除外キーワードを入力することが出来ます。

また、これを一つ覚えるといろいろ応用も利きます。

Tags: ,
タグ
AdWords Editor Google AdWords

Popular Posts


タグ


スポンサード リンク


ページの先頭へ